似ているようで違う競技

2013_07060001
既に1週間が過ぎてしまいましたが先月末奥州VICICの秋田修学旅行の添乗員として(実はJAF東北ジムカーナ選手権第4戦のお手伝い)に新協和カートランドに行って来ました。
計時担当をお手伝いしたのですが、実はジムカーナの計時は初体験(組織委員長はあるけどね)
ダートと比べりゃ石も埃も飛んで来ないし、余裕のよっちゃんと踏んでお引き受けしたのですが大違い。

まずペナルティが多い、脱輪なんてのもある、脱輪2にパイロンが2??(汗)
脱輪なんて1回やったらその時点で勝負ありだし1でも2でも良いだろうと思うがそうは行かない(笑)
しかも今回のコース、超テクニカルで真っ直ぐ走るところはほとんどなくターンの嵐。見てるだけでは覚えられません。
流石にミスコースが何台かいたけどこれをダートラでやったら、自分も含めて半分の選手はミスコースするでしょう(笑)

そんなコースを総合ベストを出した元全日本チャンプとかは、速く、小さく、スムーズに、クルクル回ってました。つくづくジムカーナ選手の特殊技能には感心です。

そんなこんなで朝の練習走行含めて3トライ、前夜は一次会で帰って体調万全で臨んだのですが、終わったらダートラ地区戦の競技長よりもぐったりです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください