0カー無事完走

2013_10270001
東北ラリーシリーズ最終戦MSCあきたターマックラリーのお手伝いに行って来ました。
たまたま主催クラブの会長さんにタイヤを届ける用事もあったし、最近のラリーの全体が見えるゼロカーをやってみたいと思いお願いしてやらせて頂きました。

一昨年、東北で開催されたJMRCオールスターラリーの際にチェックポイントのお手伝いをさせて貰いましたが、コースをドライブするのはなんと25年ぶり、え?もう25年経った?? そう、これも秋田のラリーで30m転落して以来です(笑)
その事を知ってる人もだいぶ少なくなってしまいましたが、加藤さんに『落ちないでね〜』と声を掛けられたり、山本さんに『くれぐれも使わないように…』とOKとSOSのカードを渡されたりして、選手並に緊張してスタート。

ラリーはダートラと違って速い人が前に走るんです。当然ゼッケン1番は昨年のチャンピオン、ダートラでも活躍する沼尾夫妻組ランサーです。
オフィシャルミーティングで『ゼロカーとゼッケン1番の間隔は2分で良いよね?』とか言われ、とんでもない!!10分は空けて下さい(汗)
一応ミスコースだけは避けねばと言う事でレッキはさせて貰いましたが、コースの入り口等を覚えただけでコーナーなんて一切アタマに入ってない。ナビをしてくれた星さんも元々踏ませてくれるつもりが無さそうで『駄目駄目…』と1周回っただけでペースノートは作ってくれず(笑)

そんな訳で1SSは10分開けて頂いたのですが、なにやら1SSでリタイヤした人がいたらしく(スタート後45秒とか 笑)、1SSと同じコースを走る2SSはスタートで足止め(上の写真)
それで時間短縮するため『大丈夫、大丈夫…』と煽てられてここから後ろは2分間隔に(汗)

いやはや、ここから3本位は必死に踏みましたよ〜。
辛うじて後ろから迫るヘッドランプがバックミラーに写る事はありませんでしたが、タイムを聞くとやっぱり1分間隔だったら追い付かれていることが判明(笑)

そしてこの辺りで日は落ち私の眼では前が全然見えなくなり、更にブレーキのタッチも悪くなってゴール時に異臭(当然ながらFITはダートラ仕様のまま、iPhoneを両面テープでナビシートの前に貼り付けただけ 笑)もう無理は禁物と判断、お願いして後ろを5分間隔にしてもらい、なるべくブレーキに負担を掛けず、くれぐれも間違いの起きない走行に切り替えました。

それでも全コース濡れてる舗装、落ち葉でヌルヌルです。頂上付近の夜景の眺めには目が眩みました。最後の方は眠気で頭痛もしてきましたが、何とか無事完走出来て一安心です。
2013_10270002

ゴール後、美味しいご飯を頂き温泉に浸かったらもう爆睡。
(同じ部屋に強烈な音を奏でる方がいて何度か目が覚めましたが…笑)

いやぁしかしラリー屋さんはスゴイですよ、あんな狭いコースでスピンしましたとか平然と言ってたけど、そんなキケンな真似私には絶対出来ませんね。つくづくダートラとラリーの違いも痛感させられましたが、本当に速い人は何をやっても速いんですよね。

そう、今回のエントリーは関東からの参加も含めて15台。少ないですね。
私がラリーを始めた頃は60台規制なんて出来た頃で、チャンピオンシリーズもジュニアシリーズも実績がないと受理されず、ジュニアシリーズも出れないのにどうやって実績を作るんだ?なんて言ってた時代でした。何とか盛り返す方法は無いものなのでしょうか…

JAFカップ申込み 本日締め切りです

JAFカップJMRCオールスターダートトライアルの参加申込は本日が締め切りです。地方選手権枠の参加申込場所は各地区部会長になってますのでお間違いのないようにお願い致します。

東北地区で参加意思表示されている方でまだ申込書の届いていない方がおりますが、最低でも本日中に申込書一式をFAXして頂くようお願い致します。またやっぱり断念しましたと言う時も集計上ご一報頂くと助かります。

d0bc2ed0a89e336601d4db0477e5b997

小さな秋を見つけよう

赤とんぼ

…と言う訳でトンボを…   じゃなくって…
お天気も良さそうだったので息子をダートラ場デビューされるべく、切谷内の東北最終戦を観戦に行って来ました。

豪華大抽選会

前夜布団の中で上の写真(某全日本チャンプの愛娘と豪華大抽選会をやってます)の人のブログを見てたら【東北観光フリーパス】なる高速道路の割引サービスが復活したとの情報を載せてた。早速布団の中で申込み、仙台→八戸往復で1300円のお得。津村、教えてくれてありがとー(笑)

とまぁ、クルマの写真はFaceBookにいっぱい貼ったのでここでは省略しますが、トータル台数は37台。ちょっと少ないよねー。
37台って見ててもあっと言う間に終わってしまう(オフィシャルは楽だ)
もっと盛り上げよう!!と誰かが大声で騒いだところで、皆さん個人の財布事情で参加しているのでどうなる訳でもありません。
しかし、その割に全日本は不受理者が出たりして若干上昇の傾向なのかな?確かに今は誰でも全日本にエントリー出来る時代です、お金のある人はボロ負けしてもやり甲斐のある全日本にエントリーしたくなる気持ちは分かる。でもこれが本当にいつかローカル戦の振興に繋がって将来的にはダートラ振興に結びつく??
うーーーん、どうかなぁ… 地方戦主催者も選手も、色々知恵を使って頑張っているけど、そろそろ疲れが溜まって限界じゃないのかなぁ?

と言いつつ大声で騒ぐしかないので言うけど、今年のJAFカップはお隣関東です。東北戦入賞者は全員エントリーしようぜ!!部会長推薦もバシバシ出すぞー、そして来年のJAFカップ東北に結びつけよう!!
ハァハァ、ゼーゼー… orz
(冗談はさておき、参加希望者は今週中に私まで連絡下さい。全日本枠の方もオレ出したよと連絡頂くと助かります)

2013_09290011

そんな中、2年連続で住友ゴム工業株式会社様から毎戦タイヤを1セットづつスポンサーして頂きました。
今や東北戦の風物詩ともなってますが、そんな恵まれた環境なのにこの台数?と言われてしまいますね。
東北のダートラ関係者一同心から感謝致しております。
ダンロップ様、2年間本当に有難うございました。

お疲れさまでした

全ての関係者の皆様、雨の中大変お疲れさまでした。
不思議なくらいにトラブルもなく(トラブルと言えばオフィシャルの無線機が雨の影響で2台駄目になったのと、競技長が階段で足を滑らせて転んだくらい… 笑)無事終了することが出来ました、本当に皆様のお陰です。

今回やっぱり一番心配だったのは、初の試みだったJXCDクラスの皆さんが一般のダートラ車のコース設定で転倒しないだろうか?と言う事でした。しかしそれは無駄な心配でした、皆さん流石です。上手くGを逃してコントロールされてましたね。
そして更に驚くのはどのクルマも凄く綺麗なんです、走行前はタイヤハウスに泥一つありません(驚)これは私達も見習わないといけませんね(笑)

普段見慣れないジムニーやエスクード、パジェロ等の激走がとても新鮮です、車種が多いとイベントが華やかに感じました。
このような同じフィールドで競技をやってた仲間が他にいたなんて、一緒に盛り上げて行かない手はないですよね?
車両公認の問題や改造範囲等細かいルールの摺り合わせは必要だと思います、でもやりたい事は一緒のはずなので、これからも一緒に走る機会を作りながら考えて行きたいと思います。

2013_09080030

そしてRQの葵ちゃん、あの雨の中をプロ根性の超露出コスチュームで頑張りドライバーのやる気を起こさせてくれました。(写真は某FB等に沢山アップされていると思うのでここでは敢えてこの写真で我慢して下さい 笑)
1ヒートスタート前に全車に声を掛けてくれて、S1クラス 3位になった某選手等は1コーナーをオーバースピードで土手に向かって行きました(軽部君のジャンピングスタート効果も相まってかな… 笑)
そのフルコース周回路の1コーナーですが、新しく設置して頂いたスタート場所から2速全開、良い感じのRなんですよねー、私もマジに走りたかった。

右列の写真はこの日優勝して今年のチャンプを決めた3台です。
遠藤君はもちろん、野口さんも久さんもまだまだ辞めちゃいけませんよ、東北はそんな状況じゃないんだから何年連続だろうと構わないので来年もチャンプ狙ってエントリー宜しくです(笑)
噂によるとN1500ccマシンが何台か作成されてるようなので、私も足腰がシャキっとしたら(笑)また地区戦狙おうかな…

 

リザルトはこちら

こちらに1ヒートの全車の写真がアップされてます。
撮影は酒井崇さんです、ブログ等の個人使用は自由です。
業務使用される場合はフォームからご連絡下さいませ。
(フルサイズのデータもあると思います)

エントリー有難うございます

JAF東北ダートトライアル選手権第6戦 Fight of Autum 2013 に多数のエントリー有難う御座います。
(特にJXCDクラスの皆様エントリー有難うございます)
一応昨日で申込み締め切りとなりましたが、今回諸事情によりもう数日、受付期間を延長致します。
忘れていた選手や検討中の選手、引き続き受付いたしますのでご連絡お待ちしてます(延滞金も主催者都合なので免除です)
今庄が終わって消化不良な気分の全日本ドライバーも是非お待ちしてます(笑)

SSパークフルコース決定です

私のここ数年の懸案事項、SSパークフルコースを使っての地方選手権開催がついに実現する事になりました。
Fight of Autum 2013 思い切り走らせます、一気に逝かせますよ、期待して下さいね(笑)

しかし当然の事ながらお金が掛かります、台数が集まらないと恐らく今回だけで終わってしまうでしょう。
今後継続使用出来るように、多数のエントリー心からお待ち致しております。

2013_08180015

それはいいとして、昨日何かあったっけ?
歳のせいかな?もう忘れてしまったぞ…
…と言う訳にも行かないのでちょっとだけレポート。

今回、以前ウチのクラブ員が乗っててリンクサービスさんに引き取って頂いたAE111のレビンでエントリーさせて頂きました。ガタガタだったレビンはリンクサービスさんですっかりリファインして頂き、ダートラの底辺拡大に大活躍してる事は皆さんご存知だと思います。
私は以前、練習で1〜2回乗った事があると言ってもほぼぶっつけ本番。3月の丸和以来のダートラにワクワクしながらスタートラインに並びました。
お?フラッグを持ったスターターもいるけどクリスマスツリーがあるぞ。
ツリーのシグナルで走れとの指示。別にスタンディングスタートじゃないので慌てる事はない。
ピー音と共にランプが点いた。
ん??ちょっと自分の予想した場所ではない一番上のブルーのランプが点灯。
たまらずクラッチミート、計測ラインのちょっと手前でこれは間違いと気付き一時停止(爆)
バックする訳に行かず本当のブルーランプで再スタート、カッコ悪ぅ〜(汗)

そのあとはスラロームで意外に重く舵角の必要なステアリングに手こずりながらも何とかゴール。
上の3人には秒単位で離されての4等賞だ。
お、でも足は攣らなかったぜ(朗報)

実は今回、丸和で1回だけ使った自分のバリ山の74Rを2本持参したんです。
若干オフセットが違うホイールだった事もあり1ヒートは温存、『よっしゃー2ヒート目勝負だー』と言う事でお手伝いに来てくれた星さんに交換して貰い、勇んで乗り込みバックすると、ギギギギギ…
げげげ〜、キャリパーに擦ってるぜ〜(汗)
結局元に戻して貰いました(笑)

それでもスタートのシグナルも覚えたし、エンジン特性が掴めず今ひとつシフトポイントが合わせられなかった部分も学習、スタアリングのクセも分かった、2〜3秒は絶対詰めれると信じてスタートしたのですが…

最後の広場のフルターンで1ヒートと同じアングルで入って行ったら、完全予想外のドロドロ路面(両ヒート共N1前に散水がありました)にサイドを引くも、パイロンからは離れて行く一方、もぎき苦しみ結局3秒タイムダウンで終了ーーー

うん、でも2本とも足は攣らなかったし、ドライバー復活出来るかも‥(希望的楽観的観測)
マシンを貸して頂いた国分社長、サービスしてくれた星さん、本当に有難うございました。
また宜しくお願い致します(笑)

※写真の説明は敢えて省略

JXCDクラスにエントリーされる方へ

Fight of Autum 2013 の参加申込を開始しております。
JXCDクラスでエントリーされる方はJAF東北ダートトライアル選手権の参加申込用紙をお使い頂くようお願い致します。
(クラス区分にJXCDの欄があります)
尚、既にSSパークシリーズの参加申込書で記入された方はそのまま提出して頂いて結構です。
エントリー費は10,000円(昼食付き)です。

多数の参加お待ち致しております。

https://fgumi.com/?page_id=124