2015年5大ニュース

今年も残り2週間となりました。恒例の『どうでもいい我が家の備忘録的5大ニュース』で今年を振り返ってみます。
今年は色々人生の節目的な出来事が多かった一年だったのですが、”元気があれば何でも出来る”が座右の銘の私としては1位はやっぱりこれかな?

  • 第1位 脊柱管狭窄症の手術で入院
    いや、マジにヤバかったです。長年だましだまし腰痛と付き合って来た訳ですが、そう、ちょうどチームの新年会の翌日から症状が強烈に悪化し、ほとんど歩けない状態で夜も寝れなくなってしまいました。幸い素晴らしい先生にめぐりあえてタイミング良く手術を受けることが出来、人生最長の1ヶ月近く入院しました。今は腰をアッセンブリー交換をしたように元に戻った訳ではありませんが普通の生活は出来る状態になりました。とにかく健康が一番!!
  • 第2位 震災復興住宅に引越し
    震災以降4年間、民間借り上げのマンションに住んでおりましたが、新築の震災復興住宅に応募して当選、7月に引越しいたしました。公営と言っても以前のマンションより若干広く家族4人と1匹快適に過ごしております。被災した土地に建て直す選択肢もあるのですが、色んな意味でしばらくはここで落ち着こうと思ってます。仙台市が便利だって事も大きいかな。今のところ駐車場が1台分しか借りれないのがちょっと不便。
  • 第3位 JMRC東北事務局長をお引き受けした
    佐藤運営委員長のご勇退、そして長年事務方でご尽力された小野さんの運営委員長就任に伴い、あとを引き継いで事務局長をお引き受けいたしました。先日東北モータースポーツ表彰式が終わり、ほっとしたのもつかの間、次は年度更新、総会が控えてます。JMRCも色々変化して行かなければならない時期に差し掛かっており責任重大ですが頑張ります。
  • 第4位 丸和オートランド那須で地区戦及び丸和カップ主催
    仙台から一番近いダートラ場(エビス西コースが出来る前まで)となった丸和オートランド那須でダートラを主催しました。初めて主催する会場でしたが流石にダートラの聖地丸和です。設備が整っているのでとても準備も楽で、また丸和カップを併催させて貰ったのでトータルでは80台オーバーのエントリーを頂き、下記第5位の弾みにもなりました。来年も引き続き東北戦及び丸和カップの第1戦として開催します。栃木は母の出身地でもあり何かと縁があるのかなと思ってます。
  • 第5位 2016年Team-F主幹で全日本主催決定
    インパクトとしてはこれが1位なのですが、まだカレンダー申請が通っただけなのでこの順位です。11年ぶりの主幹としての全日本主催ですが、クラブ員一同これまで積み重ねて来た経験を生かして成功させるよう頑張ります。既に新しいロゴや独自ドメインも取得して準備を始めました。

当たったらドライバー復活

それでは少し早いですが、来年が皆様にとって素晴らしい年でありますように・・・

東北フェス リザルト速報

23日(祝)に開催される2015JMRC東北モータースポーツフェスティバルのダートトライアル部門(主催はJMRC東北ダートトライアル部会)ですが Team-F が計時を担当いたします。少々残念な参加台数ではありますがWin10の動作確認を行うためリザルト速報をアップします。

リザルト速報ページ

スマホ等でアクセスする場合下記のQRコードをお使い下さい。
IMG_5848

2016東北ダートラカレンダー

JAFカップに参加された選手及び関係者の皆様、遠征大変お疲れ様でした。
いよいよどっぷりシーズンオフですね。
来年の東北戦の許可通知がJAFから届いたのでカレンダーを載せて置きます。

  • 第1戦 4/3 丸和オートランド那須 Team-F
  • 第2戦 5/15 エビスサーキット西コース SiF
  • 第3戦 6/5 サーキットパーク切谷内 CMSC岩手
  • 第4戦 6/26 サーキットパーク切谷内 MSC十和田
  • 第5戦 8/21 サーキットパーク切谷内 MSCはちのへ
  • 第6戦 9/25 エビスサーキット西コース CMSC福島

以上、シリーズ全6戦です。
うちは昨年同様第1戦で丸和カップの第1戦も併催いたします。丸和開催2年目となりますが今年のノウハウを生かし7月の全日本に繋がるイベントとなるよう精一杯頑張りますので何卒宜しくお願い致します。

ちなみに来年のクラス区分ですが、新しく設定されたSAX車両がSクラス及び1500クラスに編入される予定です。

全日本やらせて頂きます

既にJAFのホームページで公示されておりますのでご存知の方が多いと思いますが、2016年JAF全日本ダートトライアル選手権第6戦 ALL JAPAN SUPER DT 2016をチーム・エフとエムスリーレーシング様の共催で開催させて頂くことになりました。うちが主幹となって開催致しますが、チーム・エフ主幹の全日本主催は2005年の仙台ハイランド以来11年ぶりとなります。一から出直しをしたこの10年間、震災も乗り越えて東北のモータースポーツ振興のため微力ながら頑張って来たつもりですが、しかし仙台ハイランドとSSパークの閉鎖と言う厳しい状況にもぶち当たりました。ダートラの将来に危機感を感じつつ、昨年夏頃から全日本主催も念頭に置いて開催出来る仙台から一番近いダートラ場(約200kmです)、丸和オートランド那須での開催を模索し、今年はJAF東北戦と丸和カップの併催も実現する事が出来ました。私の年代からすると1990年代の丸和で繰り広げられた全日本戦やオールスター戦、とても華やかでした。ギャラリー席には2重にも3重にもお客さんが鈴なりになってました。選手の皆さんにとってもステータス性のある、あの時代のダートラを何とか復活させたい、もちろん簡単な事とは思っておりませんが、そういう希望に燃えて全力で取り組む所存です。何卒ご理解頂きご指導ご協力の程、お願い申し上げます。

B-とるとオートテスト

ここの存在を忘れるくらい久々の更新です。
やっぱりFacebookが楽だし、いちいち管理画面開いたり画像のサイズ整えたり、面倒になってるんですよね。歳のせいかな。。。

てな言い訳はほどほどにして本題、タイトルの通りJAFスピード部会発祥の肝入りイベント『B-とる』今年で4回目になりますがお手伝いに行って参りました。そして今年は、その中に日本初の新種モータースポーツ、オートテスト(模擬イベントではありますが)が開催されました。
オートテストって何?ここを見てる人のほとんどはライセンスホルダーだったりするのでJAFスポーツの周知を見て知ってる方が多いと思いますが、一言で言って、とにかく敷居の低いモータースポーツです。ヘルメットも被らずノーマルのシートベルトで同乗走行もOK、それでタイムを計るなんて、アタマの固いお偉いさん達が良く許可を下ろしたよね。
何故こんな競技が生まれたか?もちろん若者のクルマ離れやら何やらで減る一方のモータースポーツ人口を一から考え直して振興させるためです。これは皆さんのようなアタマのネジが抜けてるライセンスホルダーはどうでも良く(は無いが)、クルマに多少興味はあっても競技なんかには縁のない人や、飲みに行って自慢するためだけにライセンスを取ったけどその先に踏み出せずにいる人、モータースポーツをやりたいけど家庭の事情等で専用マシンを用意出来ない人 (現在のオレか?笑)etcをターゲットに、家族でテーマパーク等に行く感覚で、手軽にクルマで遊んでみませんかって競技なんですね。(もちろん安全を担保するためのルールはいくつかあります)

IMG_4283
実際今回参加された方々の感想は、他にデモランや同乗走行等の付加価値があったせいもありますが、概ね好評。そして皆さんめでたくBライを取得して頂きました。確かにやってみると結構楽しいです。これで物足りなくなった人は是非ジムカーナやダートラにステップアップして下さい。(そう考えるとダートラは敷居が高いなぁ…)
ただ今回は関係者のご尽力で予想以上の参加者が集まりましたが、ターゲットになる皆さんにどうやって伝えて行くのか、そこが今後の最大のポイントでしょうね。とりあえず東北でもやってみないと。。。

お疲れさまでした

IMG_3716

自分のサイト更新がいつも残務整理の一番最後の仕事なのですが、今回は今一つ疲れが抜けず大物の荷物が廊下やリビングに散乱したままだったりするのですが・・・

今年も全ての関係者の皆様、大変お世話になりました、そしておつかれさまでした。
東北ダートラ初の他地区会場での地方選手権戦、何でも初物好きの私ですが結構プレッシャーはありましたね、しかし30人のスタッフ(内25名が前日から準備)がそれぞれ力を発揮してくれたので、大きなトラブルもなく無事終える事が出来ました。
付帯設備が整っている会場なので楽と言えば楽だったのですが、やはりその会場のロケーションなりのルールがあったり戸惑った面もありました。しかし初めての会場で延べ240ラップをさばく事が出来たのは大きな自信になりました。そして閉会式の際にも話しましたが、関東地区の皆さんがとても温かく迎えてくれるので、更に交流を深めるためにも来年もまたここで同じパターンで開催出来たら良いなと思っております。

肝心の競技の方ですが、前日軽く降った雨が功を奏し2ヒート目3ヒート目とタイムアップする非常に盛り上がった展開になりました。個人的には、誰が勝ってもおかしくないメンバーが揃ったPN/NSA1500クラスやS2クラスのバトルが楽しみだったのですが、全日本で昔速かったらしい選手(笑)が去年私もお借りしたマシンで驚異的なタイムを叩き出し、本当に速いんだなと再認識したり(笑)、そして去年還暦復活した元全日本ラリーストの先輩がいよいよ本領発揮された様子、今年の東北ダートラは面白くなりそうです。

それから競技終了後に開催したギャラリー体験同乗走行会、4名の方が同乗されました。その中の1名でもダートラにもっと興味を持ってくれたら良いなと願わずにいられません。

リザルト等はこちら 表彰式の写真はJMRC東北ダートラ部会

いよいよ開幕

久々に更新です。
ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、2月の半ばに入院して3.11に退院致しました。
そう、ここ数年ずっと苦しんでいた腰痛(脊柱管狭窄症)ですが、今年の年明けから急に悪化して右足が痺れてほとんど歩けないような状態になったため手術を決意しました。現在、完全に元通りになったとは言えませんが、狭窄症が原因の痛みや痺れはほとんど消えました。元々身体が硬く問題が発生し易い体質のようなので少しづつストレッチや筋トレを続けて現状維持させて行こうと思ってます。

と言う訳で本題、いよいよ全日本ダートラも今週末が開幕です。
新しい車種の出走やクラス移行された注目選手等々色々興味は尽きません。私は審査委員で、うちのクラブ員も数人オフィシャルのお手伝いをしておりますので見かけましたら是非お声がけ下さいませ。
http://www.man-m3.com/event/JDC2015/index.htm

そして東北地区戦の方ですが、SSパークの閉鎖に伴い東北地区戦が4戦だけになるのではと心配していたのですが、関係各位のご尽力により予定通り6戦開催出来る運びとなりました。日程と会場が下記のように変更になっておりますのでご注意下さい。

  • 第1戦 5/10 丸和オートランド Team-F
  • 第2戦 6/7 サーキットパーク切谷内 CMSC岩手
  • 第3戦 6/28 サーキットパーク切谷内 MSC十和田
  • 第4戦 7/26 エビスサーキット SiF
  • 第5戦 8/23 サーキットパーク切谷内 CMSC福島
  • 第6戦 9/27 サーキットパーク切谷内 MSCはちのへ

という訳でウチは第1戦で主催いたします。
イベントのHPはコチラ
初の他地区への遠征主催、丸和カップとの併催等色々新しい試みもあり、是非皆さまのご協力・ご援助を心からお願い申し上げます。

JMRC東北総会

既に3日程経ってしまいましたが、先週の日曜日にJMRC東北の総会がありました。
例年3月に開催されておりましたが、全国の振興事業会議等が1月末から2月に始まる事を受けて一昨年から提案し、今年から1月に開催される事になりました。
そして今年は役員改選の年です。
佐藤運営委員長が退任されると言う事で新運営委員長にこれまで長年事務局長を務められた小野奥州VICIC会長が就任され、その空いた事務局長の職を私がやらせて頂く事になりました。
まだまだ分からない事だらけですが、小野さんの作り上げて来た土台を継承し、更に自分の持ち味を生かして頑張って務めたいと思います。(実際の業務引き継ぎは3月頃の予定)
ダートトライアル部会長も兼任と言うお話も頂きましたが、流石にそれは辞退させて頂き、今回でダートトライアル部会長は下ろさせて頂きました。震災を乗り越えて6年間、皆さまのご協力誠に有難う御座いました。何とかJAFカップも東北で開催することが出来ましたし、一つの区切りは付いたのかなと思っております。
尚、私の後任のダートトライアル部会長には全日本主催チームの立川MSCあきた会長が務める事になりました。私も部会には残りますので彼を支えて頑張って行きたいと思います。今後共宜しくご指導ご鞭撻の程お願い致します。

2015新年会

IMG_0602

毎年恒例、パレス松洲で新年会を開催しました。
皆さん大変盛り上がってましたが、私はたまたま息子から貰ったノロウイルスにやられ、ほとんど飲まず食わずの辛い一夜を過ごしました(泣)
今年は若干参加者の平均年齢が下がってとても良い傾向なのですが、『◯◯君は◯◯に面倒をみて貰え!!』なんて話をくどくどと何十回も言ってる人がいたり、幹部の高齢化は如何ともし難いです(爆)
ここを利用するキッカケとなっていたダートラ関係者が転勤になってしまったようなので、来年はどうしようかな?(笑)

IMG_0620

例によっては部屋からの絶景を眺めながら今年の活動への英気を養いました。
早速来週は安比のスノートライアルに数台エントリーする模様です。